2014年07月13日

機体紹介 ドム

常用している愛機を紹介します。

ss_20140713_014018.png
以前EXガシャコンで大盤振る舞いされた時に入手したもの。
前々からほしいと思っていた機体なので迷わずフルマスチケ。

〜ドム〜(wikiより転載
ツィマッド社が開発した陸戦用MS。ガンダムの60mmバルカン砲の直撃に耐える分厚い装甲を持つ重量級の機体だが、脚部に内蔵された熱核ホバーエンジンにより地表を高速で滑走する。また、頭部には特徴的な十文字状のモノアイレールを採用している。一年戦争後半は脚部エンジンを熱核ロケットに換装した宇宙用MSリック・ドムの生産が開始され、ゲルググが配備されるまで宇宙軍の主力を担った。

この機体の主な搭乗者として黒い三連星が挙げられる。彼らはドムの先行量産型(1〜3号機)をパーソナルカラーである黒と紫、グレーに塗装していたが、オデッサの戦いにて全滅した。量産型の制式塗装は彼らの機体の塗装を踏襲したものであるといわれているが、それを否定し当初からの配色であったとする文献もある。

なお、連邦兵士からはスラスターを内蔵した大型スカートアーマーにちなみ、「スカート付き」のコードネームで呼ばれた。
(転載ここまで)

速度とブースト容量が高く機動性は上々。ただしブーストチャージが低いので、ワンブーストでどの程度走れるか把握しておかないと大事なところで息切れしてしまうので注意。
被弾面積が大きく、高低差に極端に弱い機体なので不利な状況になったらフラッシュを当てて逃げることも必要。

武装はごくごく標準の組み合わせで運用。
ss_20140713_014027.png

基本MS戦は万バズで転ばせてサーベル。フラッシュはロックオンはずしや瀕死の敵を倒すとき、また逃げるときの目潰しなどに。

もうワンセット、射撃特化の武装も用意。
ss_20140713_014041.png

同様に攻撃は万バズを起点に、マシンガンで引き撃ち。削り残しはマシンガンで十分片付けられるので、拡散ビームは威力を捨ててT型を選択。フラッシュ特性MAXのため3.3秒もの間敵の視界を遮ることが可能、完全に嫌がらせ仕様。

銀図でもフラッシュの種類が減るだけなので問題なし、初心者に積極的に乗ってもらいたい機体。ブーストチャージが低いこともあり、乗っているうちに自然とブースト管理が身につくので追々高コスト機を入手したときに立ち回りがグンと良くなるはず。
posted by 余弦 at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
   スポンサードリンク

にほんブログ村 ゲームブログ ガンダムオンラインへ 機動戦士ガンダムオンライン・攻略ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401637667

この記事へのトラックバック